片付け堂では生前の遺品整理をおすすめします!

遺品整理はいつ頃やるのがいい?

こんにちは、片付け堂です。

先日祖母の遺品整理について考えてみたとお伝えしましたが、元気なうちに一緒に片付けるのもいいのではないか?と思いました。

おばあちゃんやおじいちゃんにとって、大切にしたいものと処分していいもの。

当の本人に判断してもらえれば、整理を手伝う方も気楽に整理できますよね。

私の祖母はピンピンしているので「いつか使う」と言われると、確かに「いつか」が来る日もあるのかもしれない…と否定は出来ないのですが、さすがにあれもこれも取っておかれると困ってしまいます。

生前の遺品整理をする説得にまずは時間が掛かりそうですが、少しずつでもしてもらえればなぁというのが本音です。

さて、今回は「遺品整理士」という資格と共に、生前の遺品整理について紹介します。

■片付け堂には遺品整理士の資格を持った社員がいます。

近頃「遺品整理」という言葉をよく聞くようになりましたが、遺品整理とは亡くなった方が残していったものを処分するのか、誰かが保管しておくのか片付けることを云います。

私の祖母は一軒家に1人で住んでおり、押入れの中は物でいっぱいです。

いつかそれを片付けなくてはいけない日が来ますが、到底2~3人では無理です。

そこで「遺品整理士」という我が社の社員が、お助けマンになるのです。

遺品を処分する、といっても何でもかんでも捨てていいわけではありません。

その他の不用品と同様に処分方法がありますし、何より遺品にはご遺族様の気持ちが込められています。

遺品整理士は遺品の取り扱い手順や法規則等の知識を備えていて、ご遺族様が「これはどうしよう…」とお悩みのときに手助けすることが出来ます。

また遺品の中には、重要書類等が含まれている場合があります。

どこにあるか分からない。場所は聞いてるけど見当たらない。

そんな時も遺品整理士は重要書類を探すことに重点を置いて、お家の中を片付けさせて頂きます。

■生前の遺品整理は気分転換にもなります!

祖母に生前の遺品整理を提案してみたら「死んだら分からないんだから、死んでからやって」と言われました。

確かにそうなんだけど…おばあちゃんの大切にしているものは何か教えておいてほしい…。

ということで何度か軽く話をしてみると、たまたま気が向いた日があったのか?生前の遺品整理に同意してくれました。

不用品回収会社にお願いして、1つずつ確認しながら片付け。

祖母としてもびっくりするほど不用品があったのか「そんなのどこにあったの?!」と驚いていました。

広くなったお部屋で「ここにお花を置いたら部屋が華やかになるかな」と楽しそうな祖母の姿が見られて、こちらまで心がすっきりしたものです。

片付け堂では365日、朝9時から翌朝5時まで受付しています。

いつでもどんなときでもお客様のご相談に乗らせて頂きますので、遺品整理でお困りの際は片付け堂にご連絡ください。

片付け堂ホームページ

広島の不用品回収「片付け堂」 は広島市安心の許可業者。粗大ごみ、家庭ごみの収集、片付けはお任せ!