ドラム式洗濯機には掃除が必須!!不用品処分に出すことになる前にポイントを押さえて掃除しよう!

みなさんこんにちは!広島の不用品回収『片付け堂』です。

今日はドラム式洗濯機の掃除についてお話していこうと思います!

洗濯機のお掃除って、ちょっと取り掛かるまでに勇気がいりますよね(笑)

日頃しているキッチンや床のお掃除とは違って機械の中を掃除するわけですから勝手も効かないですし、何より難しそうで奥手になってしまうと思います

ですが実はドラム式洗濯機のお掃除は汚れの程度が軽い段階ですることがとても大切って知っていましたか?

ドラム式洗濯機の掃除は早いうちにするのが鉄則!

そもそも洗濯機を掃除されたことがない方、結構多いのではないのでしょうか?

私も洗濯機を掃除することは大切ということを知る前までは、当然のように洗濯機は1度も掃除せずに使っていました。

しかし洗濯機は掃除しないで放っておくと悪臭を放つようになったり、乾燥ができなくなったりと様々なトラブルが起こるようになってくるんです。

しかもそうなってからでは遅いことが多いんですよ・・・

特にドラム式洗濯機はその傾向が強く、お掃除が必須といってもいいほどなんです。

ドラム式洗濯機の必須掃除ポイント①洗濯槽の裏側

ドラム式洗濯機の掃除ポイントとして必ず外せない点は洗濯槽の裏側です。

ここはカビや雑菌がよく発生するため週に1回は必ず掃除するようにしましょう!

ひどくなってしまうと業者さんに頼まないとどうしようもない場合も出てきます

とりあえず気に掛ける点としては、毎日洗濯機の蓋は開けて、ドラムを乾燥させましょう!

そして週に1回ほど塩素系漂白剤で洗濯槽を掃除することが大切です。

1回の掃除で汚れが取り切れない場合もあるので、汚れやカビがひどかった場合根気強く掃除しましょう!

ドラム式洗濯機の必須掃除ポイント②乾燥フィルターと温風の通路

ドラム式洗濯機は洗濯物を乾燥させる「乾燥フィルター」にほこりがたまりやすく、

ココが詰まってしまうと洗濯物が生乾きになることが増えてきます。

掃除方法としては乾燥フィルターの奥側と手前側を入念に掃除し、ほこりがたまらないように心がけましょう!

ドラム式洗濯機の必須掃除ポイント②排水フィルター

排水フィルターはドラム式洗濯機の掃除の中でも絶対に外せない場所です。

なぜならばここが汚れて排水が悪くなると洗濯機自体の故障につながることが多いからです

排水フィルターは最低でも月に1度は汚れ具合をチェックして、汚れがひどくならないうちに掃除しましょう!

私もフィルターチェックを怠り、最近洗濯物の乾気が悪いなー?なんて気楽に排水フィルターを開けてみたら・・・汚水と共にカビにまみれたホコリやクズが溢れ出した!!

そんな衝撃的な体験をしたことがあります(笑)

また排水フィルターの奥もかなり汚れていることが多いので、100均などに売っているお掃除グッズなどで奥側まできれいにすると、ここが原因でドラム式洗濯機が故障することはなくなります。

ドラム式洗濯機が故障してしまったら不用品回収に出そう

・・・いかがでしたでしょうか?

洗濯機の排水周り、意外と掃除していなかった方も多かったのではないのでしょうか?

ドラム式洗濯機は放置して汚れがたまってしまうとどうしても個人ではどうしようもなくなることもあります。

新しい洗濯機ならメーカーや業者に依頼して修理や清掃をしてもらうこともできるかと思いますが、保証期間外になっている場合、その費用は決して安くはありません・・・

掃除不足で故障してしまった洗濯機は粗大ごみとしては出せないので、自治体に回収してもらうか、不用品回収に出しましょう。

大きな洗濯機の処分が一人では大変な場合は我々片付け堂に是非お任せくださいね!

お客様に最適のプランのご提案、またプラン内容も明朗ですのでまずは無料見積もりのご依頼をお待ちしております!

1点からでも不用品の回収を行っているので、洗濯機のほかにも回収してほしい不用品がある方は是非一度片付け堂にお電話ください!

>>ごみのコンビニ片付け堂

広島の不用品回収「片付け堂」 は広島市安心の許可業者。粗大ごみ、家庭ごみの収集、片付けはお任せ!